おすすめのアイスコーヒー

アイスコーヒーの賞味期限と保存方法

 

皆さんはどのようにしてアイスコーヒーを楽しんでいますか?

 

いつもはビターな感じでコーヒーが感じられるようなアイスコーヒーが好きですが、いつもよりさらりと楽しみたいときにはミルクや豆乳を入れたりしてアイスコーヒーのアレンジを楽しんでいます。

 

そんなアイスコーヒーが美味しく楽しめる賞味期限はいつまでなのでしょうか?アイスコーヒーといっても豆ではなく、ドリップして抽出されたアイスコーヒーの作り置きのことです。この液体のアイスコーヒーの賞味期限は約1週間と言われて言われています。それ以上は味の劣化する恐れがあるので、1週間以内に飲みきれる分量のアイスコーヒーを作り置きすることをお勧めします。このドリップしたアイスコーヒーはプラスチックの容器に入れて冷蔵庫で保存しておけば問題ありません。

 

では、アイスコーヒーの豆や粉はどのように保存したらいいのでしょうか?それはホットコーヒー用の豆や粉の保存方法と同じです。最近ではコーヒーブームの影響でいろんな雑貨屋さんがコーヒーを保存するための容器を販売していいます。なんと100円均一のセリアやダイソーでもコーヒーキャニスターが販売されていて本当に驚きました。ではどこのメーカーやブランドのコーヒーキャニスターがいいのでしょうか?

 

コーヒーキャニスターを選ぶ際のポイントは「何からコーヒーを守りたいのか?」ということが一番大切です。コーヒーは酸素、日光、湿度、寒暖差から守ってあげることで、美味しい飲める期間が長くなります。

 

まず、コーヒーの大敵とも呼ばれているのが酸素です。なぜ?コーヒーは酸素による酸化弱いのかというと、コーヒーは焙煎することでその表面に油が出てきます。この油はとても酸化しやすくコーヒー豆と空気が触れてから1週間程度で参加が始まるといわれています。この酸化を防ぐためには、小分けパック包装、飲みきれる分量だけ購入する、保存に気を使うの3つを心がけることが大切です。

 

2つ目は、太陽の光による劣化です。基本的に食品は日が当たる場所に置いて保存することは避けた方がいいですね。コーヒーの場合は自身の色が黒いので余計に太陽の光を吸収しやすくなってしまいます。ですので、太陽の光が遮断できるコーヒー保存容器を選ぶか、日が当たらない棚に収納するなどして、大切なコーヒー豆を太陽から守りましょう。

 

最後は湿度と寒暖差です。よくコーヒーを保存するときに冷蔵庫や冷凍庫で保存した方がいい!という方がいますが、半分合ってて半分間違っています。

 

それは冷えた場所からコーヒーを取り出すときに発生する結露がコーヒー豆を劣化させます。ですのでコーヒー豆を1回使う分量ずつ小分けに保存して取り出せば結露は防げますが、これは本当に手間ですのでお勧めしません。冷蔵庫や冷凍庫で保存することが半分あっている理由としては、温度が低い場所で保存するとコーヒー豆が酸化するスピードを多少遅らせることができます。おそらく冷蔵庫や冷凍庫でのコーヒー豆の保存を推奨する方は、このメリットを述べているのだと思います。

 

結果としてこれらコーヒー豆の鮮度を低下させる原因となっている4要素を防ぐことが可能な保存容器を選べば、美味しいコーヒーが長持ちしますよ。

 

私は防湿リングが付いているコーヒーキャニスターを使用してます。

 

最近、定期購入を始めたコーヒーショップの特典としていただいたコーヒーキャニスターがデザインもかっこよく機能的で気に入っています。

 

コーヒーキャニスターが気になっている!という方は、ぜひこちらをご覧ください(^^♪→防湿コーヒーキャニスター詳細